【3歳1勝クラス】(阪神6R)クインズメリッサが逃げ切り連勝 [News]
2021/02/28(日) 14:11
阪神6Rの3歳1勝クラス(牝馬・ダート1400m)は3番人気クインズメリッサ(藤懸貴志騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分25秒7(良)。クビ差の2着に5番人気メイショウマンサク、さらに2馬身差の3着に2番人気ジェセニアが入った。

クインズメリッサは栗東・宮本博厩舎の3歳牝馬で、父パイロ、母ケイアイアテナ(母の父Afleet Alex)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント

1着 クインズメリッサ(川合豪調教助手)
「良いリズムで運べていました。課題のゲートも本番ではしっかりクリアしてくれました」

2着 メイショウマンサク(太宰啓介騎手)
「もう少しついて回れたら良かったのですが、いつもより進みが良くなく、終い勝負で運びました。外に出したら本当にいい脚で良い切れ味を持っていますから、流れひとつですね」

3着 ジェセニア(川田将雅騎手)
「枠も良かったですし、1400mにも対応できて、しっかり頑張り切ってくれて3着まで来ることができました」

4着 コモレビキラリ(野中悠太郎騎手)
「初めての輸送競馬と右回り、外枠といろいろ条件は厳しかったのですが、行かなくても好位でスムーズな競馬をしてくれたので、良い経験になったと思います」

5着 タマモヒメギミ(北村友一騎手)
「ゲートが速くてスピードがあるのでもしかしたら1200mの方が良いかもしれません。1200mの方がこの馬の長所をもっと生かせるかもしれません。でも昇級戦でよく踏ん張ってくれています」