2005年のオークス馬シーザリオ死す 19歳 [News]
2021/02/28(日) 09:37
2005年に日米のオークスを制し、同年のJRA賞最優秀3歳牝馬と最優秀父内国産馬を受賞、現役引退後はノーザンファーム(北海道勇払郡安平町)で繁殖牝馬として供用されていたシーザリオ(牝19歳)は、2月27日(土)に子宮周囲の動脈断裂による出血性ショックのため死亡した。

ノーザンファーム 吉田勝己代表のコメント
「突然のことでただただ驚き、胸を締め付けられる思いです。日米オークス制覇の輝かしい競走実績だけでなく、初年度産駒から3冠牝馬輩出のエピファネイア、産駒が先日のサウジダービーを制したリオンディーズ、そして今年からスタッド入りしたサートゥルナーリアと、3頭の種牡馬を産んだ彼女には感謝の言葉しかありません。牧場の礎を築いてくれたシーザリオが亡くなったことは、誠に残念でなりませんが、今は安らかに眠ってほしい思いでいっぱいです」

(JRA発表)