【マーガレットS】(阪神)アスコルターレが最後方から追い込んで前をまとめてかわし切る [News]
2021/02/27(土) 16:33
阪神10Rのマーガレットステークス(3歳オープン・リステッド・芝1200m)は2番人気アスコルターレ(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒5(良)。クビ差の2着に3番人気ロングトレーン、さらにハナ差の3着に6番人気フォドラが入った。

アスコルターレは栗東・西村真幸厩舎の3歳牡馬で、父ドゥラメンテ、母アスコルティ(母の父Danehill Dancer)。通算成績は5戦3勝。

レース後のコメント
1着 アスコルターレ(西村真幸調教師)
「今までは前めに出ていく競馬をしていたのですが、今日はスタートが良くなくて、初めて控える競馬をしました。溜めて終いに賭ける形になりましたが、この方が脚を使えますね。ポジション取りはイメージと違いましたが、能力があります」

2着 ロングトレーン(団野大成騎手)
「前走が良い勝ち方でしたし、良いイメージで臨めました。ペースが流れたので、ハマるだろうと思っていました。コーナーでロスがありました。それがなければ際どかったと思います。前走よりパンとして、良くなっていました。集中力が増せば良いですね」

3着 フォドラ(西村淳也騎手)
「良い感じでしたが、坂で止まってしまいました。状態が良く、すごく元気でした。体重が増えてくると良いですね。控えるレースができるようになったのは良かったと思います」