【水仙賞】(中山)レッドヴェロシティが番手追走から直線抜け出して勝利 [News]
2021/02/27(土) 15:44
中山9Rの水仙賞(3歳1勝クラス・芝2200m)は6番人気レッドヴェロシティ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分16秒7(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気マカオンドール、さらに半馬身差の3着に9番人気アールバロンが入った。

レッドヴェロシティは美浦・木村哲也厩舎の3歳牡馬で、父ワールドエース、母トップモーション(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は5戦2勝。

レース後のコメント
1着 レッドヴェロシティ(M.デムーロ騎手)
「馬は良かったです。スタートを上手く切って良い位置でレースができました。最後までジリジリとした脚でしたが、よく頑張ってくれました。長い距離は合っていると思います」

2着 マカオンドール(横山武史騎手)
「スローペースのよーいドンの競馬。この馬には不向きな流れになりましたが、その中でもよく頑張っていました」

3着 アールバロン(北村宏司騎手)
「気持ちが昂っていましたが、今日は許容範囲内。直線も他の馬と馬体が合ってから脚を使ってくれました」

4着 アサマノイタズラ(嶋田純次騎手)
「内で詰まって、全く追えませんでした。脚を使えたのは最後だけでした」