【3歳1勝クラス】(阪神6R)グレイイングリーンが直線内から差し切って勝利 [News]
2021/02/21(日) 15:42
阪神6Rの3歳1勝クラス(芝1400m)は1番人気グレイイングリーン(岩田望来騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分20秒5(良)。1馬身1/4差の2着に4番人気アンブレラデート、さらに2馬身半差の3着に3番人気トーカイキングが入った。

グレイイングリーンは栗東・池江泰寿厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母リトルゲルダ(母の父Closing Argument)。通算成績は3戦2勝。

レース後のコメント
1着 グレイイングリーン(岩田望来騎手)
「少し出遅れました。それをリカバリーして内々を通って行きました。そして、空いているところを見つけてそこからすごく伸びてくれました。上に行くとゲートが課題になると思いますが、能力はあります。現状1400mがベストだと思いますが、精神的に大人になれば、マイルももつと思います」

2着 アンブレラデート(三浦皇成騎手)
「良いスタートからハナに行きました。道中のリズムは良く、バテずに脚を使っています。チャンスは来ると思います」

3着 トーカイキング(北村友一騎手)
「向正面から4コーナーにかけて力んでいました。センスが良く、ゲートの出や追ってからの反応も良いです。もう少し上手に乗ってあげられれば良かったのですが...」

4着 デルマヤクシ(荻野琢真騎手)
「リズム良く走れましたし、しっかり伸びています。外外を回る形でしたが、上がっていく感じは良かったです。気性が穏やかになってきたのも今日の走りに繋がっていると思います」