【メイクデビュー】(阪神4R)人気薄のクインズバジルが馬場の真ん中抜け出して新馬勝ち [News]
2021/02/21(日) 15:07
阪神4Rのメイクデビュー阪神(ダート1800m)は13番人気クインズバジル(岩田望来騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分56秒2(良)。3馬身差の2着に11番人気エイシンティップス、さらに1馬身1/4差の3着に1番人気マインジャランが入った。

クインズバジルは栗東・梅田智之厩舎の3歳牝馬で、父クリエイター2、母ケイアイリブラ(母の父アグネスデジタル)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 クインズバジル(岩田望来騎手)
「3番手でスムーズな競馬ができました。最後は右に左に遊ぶような面が出たので、その点が次に向けての課題になるでしょう。レースセンスはとても良い馬です」

2着 エイシンティップス(藤井勘一郎騎手)
「上手に競馬はしていました。スタートも出てくれて、馬群の中でしたが、初戦でも怯むことがありませんでした。最後は勝ち馬を追いかけてくれたので良かったです」

3着 マインジャラン(三浦皇成騎手)
「まだ返し馬からトモの緩さがありましたが、返し馬以上に競馬では追走できました。最後まできっちり走ってくれました。勝ち馬には自分のリズムで良い形で抜け出されてしまいましたが、この馬も使いながらどんどん良くなりそうです。気性も真面目ですから、体(の成長)がついてくればもっと良い脚を使える馬です」

5着 ソナトリーチェ(幸英明騎手)
「今日はまだ走る方よりも周囲に気がいってしまって集中できていませんでした。これを使って次は良くなると思います」