【メイクデビュー】(東京3R)ヴィントミューレが直線早目先頭から後続を突き放して新馬勝ち [News]
2021/02/21(日) 14:31
東京3Rのメイクデビュー東京(ダート1600m)は6番人気ヴィントミューレ(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分39秒2(良)。5馬身差の2着に3番人気カイマナリノ、さらにアタマ差の3着に5番人気パノティアが入った。

ヴィントミューレは美浦・木村哲也厩舎の3歳牡馬で、父オルフェーヴル、母ストーミーレニー(母の父Storm Cat)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 ヴィントミューレ(北村宏司騎手)
「新馬なので少しハミを取ったり、気をつかうところはありましたが、修正は利く範囲でした。しっかりと調教できていましたし、終いまで安定して走ってくれました」

2着 カイマナリノ(M.デムーロ騎手)
「調教で砂を被った時に嫌がっていたので、そこが不安でしたが、競馬では少しずつ内に入れて行っても問題ありませんでした。スタートも速かったですし、直線も頑張ってくれました。次が楽しみです」

3着 パノティア(大野拓弥騎手)
「大型馬の割に競馬が上手です。まだ新馬ですから荒削りなところはありますが、しっかり動けていました。コースがかわっても上手に走れそうです」