【紫川特別】(小倉)ボンボヤージがゴール前の大混戦を制する [News]
2021/02/20(土) 18:07
小倉12Rの紫川特別(4歳以上2勝クラス・牝馬・芝1200m)は1番人気ボンボヤージ(川須栄彦騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分8秒0(良)。ハナ差の2着に5番人気ケワロス、さらにクビ差の3着に15番人気マリノスピカが入った。

ボンボヤージは栗東・梅田智之厩舎の4歳牝馬で、父ロードカナロア、母ディープインアスク(母の父ディープインパクト)。通算成績は10戦3勝。

レース後のコメント
1着 ボンボヤージ(川須栄彦騎手)
「とりあえず良かったです。休み明けを叩いて中二週でしたが、上積みを感じましたし、レースではまだ課題がありますけれども、差し切ってくれて良かったです。前走より勝負どころの手応えが良くなっていましたし、しっかり前を捕らえて勝ち切ってくれて良かったです」

2着 ケワロス(吉田隼人騎手)
「良いところだと思ったのですが......。勝ち馬に出られたあとまた盛り返して、どうかと思ったのですが残念でした。コーナーで外に振られるところがありました」

3着 マリノスピカ(丹内祐次騎手)
「馬の気分に任せていきました。もうちょっとでした」

4着 グッドワード(鮫島克駿騎手)
「外枠でしたが、もうちょっとでした。上手に走ってくれました」