【フリージア賞】(東京)逃げたレインフロムヘヴンがゴールまで粘り切る [News]
2021/02/20(土) 15:35
東京9Rのフリージア賞(3歳1勝クラス・芝2000m)は3番人気レインフロムヘヴン(石橋脩騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分0秒3(良)。半馬身差の2着に4番人気イルーシヴパンサー、さらにハナ差の3着に1番人気アンダープロットが入った。

レインフロムヘヴンは美浦・堀宣行厩舎の3歳牡馬で、父ドゥラメンテ、母レディオブヴェニス(母の父Loup Solitaire)。通算成績は4戦2勝。

レース後のコメント
1着 レインフロムヘヴン(石橋脩騎手)
「今日はレース前から馬が落ち着いていました。ゲート内で待っていることができて、ゲートを上手に出てくれました。他に行く馬がいなかったので、リズムを崩さないように先行させました。内からイルーシヴパンサーが来てからまた伸びましたし、まだ出し切っていない部分もありそうです。楽しみな馬です」

2着 イルーシヴパンサー(久保田貴士調教師)
「5か月ぶりで余裕のある体でしたが、良い形のレースができましたし、良い内容だったと思います。この体でも何とかなると思っていただけに、惜しい結果でした。次は楽しみです」

3着 アンダープロット(C.ルメール騎手)
「最後は伸びているのですが......。まだ全体に緩いところがあります」

4着 グローリアスサルム(吉田豊騎手)
「枠も良くゲートも上手く出てくれて、折り合いもついてタメもききましたし、馬群の中で怯むこともありませんでした。直線で上手く捌いてくることができたら、上位とはもう少し際どかったと思います」