【つばき賞】(阪神)ヴィゴーレが内を突いて抜け出す [News]
2021/02/20(土) 15:14
阪神9Rのつばき賞(3歳1勝クラス・芝1800m)は4番人気ヴィゴーレ(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒2(良)。クビ差の2着に1番人気タガノディアーナ、さらに3/4馬身差の3着に9番人気サウンドウォリアーが入った。

ヴィゴーレは栗東・松永幹夫厩舎の3歳牡馬で、父キズナ、母ヴァイセフラウ(母の父キングカメハメハ)。通算成績は7戦2勝。

レース後のコメント
1着 ヴィゴーレ(田辺裕信騎手)
「関東と違って流れが速く、位置を取りたかったのですが、前半流れに乗れませんでした。それでもハミを取り出してからは、しっかりしていました。内へ行ったのは一か八かでしたが、最後は脚を使ってくれました」

2着 タガノディアーナ(和田竜二騎手)
「早目に踏んでいって一気に行きましたが、先頭に立つと遊んで物見をしていました。でも、よく脚を使っています」

3着 サウンドウォリアー(幸英明騎手)
「マイペースで、先手を取って運べました。最後も伸びています。これがきっかけになると良いですね」

4着 ショウナンアレス(松山弘平騎手)
「スムーズな競馬ができましたが、どうしても最後に甘くなる面が今日も出ていました」