【日経新春杯】栗東レポート サトノインプレッサ [News]
2021/01/13(水) 16:12
1月17日(日)に中京競馬場で行われる日経新春杯(GII)に出走予定のサトノインプレッサ(牡4、栗東・矢作芳人厩舎)について、追い切り後の矢作芳人調教師のコメントは以下の通り。

「やはりさすがに3000メートルはコントレイル以上に適性ではなかった、厳しいレースだったと思います。レース後放牧に出して、年末に戻してからは順調に乗ってきています。

先週は併せ馬でしっかり負荷をかけたということで、今週は単走で折り合い重視でサッとという感じで軽快な動きだったと思います。

今の彼にとってはこのくらいの距離が良いのではないかと思っていますし、結果は出ていませんが左回りの方が手前の関係から良いと思っています。

重賞を勝っているので(ハンデは)仕方ないと思います。(坂井瑠星騎手は)一番インプレッサのことを分かっている男なので信頼して任せます。

(今年の矢作厩舎は)毎年、「前の年を越えていく」というのがテーマなので、去年以上の成績となるとなかなか厳しいでしょうけれども、そこを目指していきたいと考えています。

中京の2200メートルなら特には気にしていませんが、内枠に越したことはないのかなと思います。展開は僕が考えても仕方ないことですし、ジョッキーに任せます。

随分大人になってきたところを感じますので、元々素質の高い馬ですし、レースにつながってくれることを期待します。応援よろしくお願いします」

(取材:山本直)