【成田特別】(中山)外から早めに仕掛けたエコロドリームが直線抜け出して勝利 [News]
2021/01/11(月) 16:04
中山9Rの成田特別(4歳以上2勝クラス・ダート2400m)は7番人気エコロドリーム(木幡巧也騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分37秒5(良)。2馬身差の2着に12番人気フラッシングジェム、さらに1馬身3/4差の3着に5番人気レッドエンヴィーが入った。

エコロドリームは美浦・岩戸孝樹厩舎の5歳牡馬で、父ドリームジャーニー、母シーエンプレス(母の父ダンスインザダーク)。通算成績は19戦3勝。

レース後のコメント
1着 エコロドリーム(木幡巧也騎手)
「折り合いがついてうまく息も入りましたし、向正面では良いタイミングで外へ出せました。この馬の脚の使い方から、前へ行くのが良いと思って動いて行きましたが、よく頑張ってくれました」

3着 レッドエンヴィー(横山武史騎手)
「テンに進んでいかず、追っ付けながらでしたが、勝負所でエンジンがかかると、終いはよく頑張ってくれました」

4着 リュードマン(田辺裕信騎手)
「前走は経済コースを通ってのもので、勝つにはまだ荷が重いです。それなりに来てはいますが、強気に攻めていけるように、もうワンパンチ、ツーパンチ欲しいところです」

5着 フリーフロー(丸田恭介騎手)
「この距離は良いですね。ペースを上げるところで、外へもたれてリズムが悪くなるので、そこが改善されれば良いと思います」