【ポルックスS】(中山)ダノンスプレンダーがハナ差の激戦を制する [News]
2021/01/10(日) 17:24
中山11Rのポルックスステークス(4歳以上オープン・ダート1800m)は1番人気ダノンスプレンダー(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒0(良)。ハナ差の2着に3番人気エイコーン、さらに1馬身1/4差の3着に5番人気アシャカトブが入った。

ダノンスプレンダーは栗東・安田隆行厩舎の5歳牡馬で、父ロードカナロア、母メジロスプレンダー(母の父シンボリクリスエス)。通算成績は11戦5勝。

レース後のコメント
1着 ダノンスプレンダー(三浦皇成騎手)
「ソラを使うと聞いていたので、道中はアシャカトブの後ろでうまく脚を溜めることができました。抜け出してからも、遊ばせないように運びました。接戦を勝ち切ったのは大きいと思います。着差以上に強い競馬で、上のメンバーでも十分にやっていけると思います」

2着 エイコーン(高倉稜騎手)
「ペースが遅ければ中団の位置でもと考えていましたが、思ったよりも後方の位置取りになってしまいました。あとは馬のリズムで運びましたが、前をうまく捌くことができませんでした。最後は外に出して力でねじ伏せる形になりましたが、勝ち馬とは立ち回りの差だと思います」

3着 アシャカトブ(武藤雅騎手)
「少し重め残り(+14キロ)でしたが、それでもよく3着に頑張ってくれました」

4着 マイネルユキツバキ(柴田大知騎手)
「外枠の方が良いのかもしれません。内枠だとスタートが速くないので、包まれてしまいます。本来、力のある馬なので、今日のような競馬ができれば走ってくれると思います」