いよいよ有馬記念。オルフェーヴルの敵は放送席にあり!? [実況アナ!]
2013/12/17(火) 17:29
 いよいよ2013年の中央競馬は今週で最後となります。最後の3日間開催を前に、11月の万馬券を振り返ります。11月に出た100万を超える万馬券レースとWIN5の結果、それぞれのレースの実況担当者は以下のとおりです。
 
11月10日(日)京都・ 1レース 3連単 436万3510円(実況担当・大関)
11月10日(日)東京・ 3レース 3連単 134万6900円(実況担当・米田)
11月10日(日)福島・三春駒特別 3連単 176万8930円(実況担当・小塚)
11月16日(土)福島・ 1レース 3連単 473万7470円(実況担当・佐藤)
11月16日(土)京都・ 7レース 3連単 494万3810円(実況担当・大関)
11月23日(土)東京・ 2レース 3連単 284万7680円(実況担当・佐藤)
11月23日(土)京都・ 7レース 3連単 184万5640円(実況担当・檜川)
 
★11月 3日(日) みやこS&アルゼンチン共和国杯
 東京 10R(1番人気)・11R(7番人気)            ...佐藤アナ             
 京都 10R(9番人気)・11R(2番人気)                 ...大関アナ
 福島 11R(6番人気)                          ...小林アナ
<払戻金> 1586万480円
 
★11月10日(日) エリザベス女王杯&武蔵野S
 東京 10R(11番人気)・11R(1番人気)          ...木和田アナ             
 京都 10R(1番人気)・11R(2番人気)                 ...檜川アナ
 福島 11R(6番人気)                          ...小塚アナ
<払戻金> 951万7140円
 
★11月17日(日) マイルCS&福島記念
 東京 10R(1番人気)・11R(2番人気)           ...小林アナ             
 京都 10R(1番人気)・11R(2番人気)                 ...小塚アナ
 福島 11R(3番人気)                          ...佐藤アナ
<払戻金> 9万7220円
 
★11月24日(日) ジャパンC
 東京  9R(3番人気)・10R(5番人気)・11R(1番人気)  ...佐藤アナ             
 京都 10R(2番人気)・11R(1番人気)                 ...木和田アナ
<払戻金> 16万780円
 
 
 まず11月の月間MVPの発表です。MVPは、大関アナです。ご覧のように大関アナは11月に2度も400万台の大万馬券が誕生したレースを実況したのです。473万馬券と284万馬券を実況した佐藤アナも十分MVPレベルなのですが、残念ながら今回は運がなかったというところでしょう。
 リーディング争いは、もう結果が見えてきました。舩山アナが更に打率を上げて、その独走態勢に揺るぎはありません。8割4分6厘というハイレベルでリーディングアナウンサーの座をほぼ手にしたと言っていいでしょう。2位は8割6厘の佐藤アナです。佐藤アナはリーディング争いでも運がなかったという感じです。ちなみに残る実況回数は舩山アナが8で、佐藤アナは6です。はたして最後に佐藤アナは意地を見せるのでしょうか。3位は7割8分5厘の中野アナとなりました。私小林が中野アナに交わされて、7割8分で4位に後退してしまいました。私はどうも11月は波に乗れませんでした。
 下位は変動がありません。7割3分9厘の檜川アナが殿で、7割5分2厘の大関アナがブービーです。この関西コンビはともに一発はあるもののコンスタントに万馬券レースを実況することが出来ません。彼らが実況する今週の阪神のレースではムリな穴狙いは禁物ですが、せめて檜川アナが実況する今年の最終レースである23日のファイナルステークスは万馬券となって欲しいものです。檜川アナは最後の最後を飾ることが出来るでしょうか?
 さぁ、有馬記念です。ジェンティルドンナとキズナが出走せず、ゴールドシップも精彩を欠いているわけですから、オルフェーヴルに勝ってくださいと言っているような状況です。オルフェーヴルの単勝は1.1倍ぐらいにはなるのではないでしょうか。誰もがラストランを勝利で飾って引退式を迎える、と思っていることでしょう。
 しかし、本当にオルフェーヴルには懸念材料がないのでしょうか?それについての私の答えは「NO」です。その理由は、実況担当者が『舩山アナ』だから、です。先日あるリスナーからメールをいただきました。彼の調べでは、今年舩山アナはこれまで11の重賞レースを実況して、1回しか1番人気の馬が勝っていないのだそうです。(その1回は日経賞のフェノーメノ)確かに春の天皇賞では単勝1.3倍のゴールドシップが敗れ、舩山アナが担当したサマー2000シリーズもことごとく1番人気の馬は負けました。秋の天皇賞ではご存知のようにジェンティルドンナは2着に終わりました。これで最後の最後に1番人気の馬が勝つのでしょうか?彼は11月終了時点で208のレースを実況して、176ものレースが万馬券となっているのです。また、有馬記念は「涙の感度的ドラマチックレース」か「ドッチラケのとんでもないレース」になるか、2つに1つと言われています。ここ2年は舩山アナが実況するも1番人気の馬がその強さを見せつけて快勝しています。はたして2度あることは3度あるのか?それとも...。奇しくも解説のMさんも言っていました。「敵は放送席にあり、だな。」と。
 さぁ、これでも皆さんはオルフェーヴルを1着にした馬券を買いますか?私はオルフェーヴルに勝って欲しいと思っています。力どおりなら、まず負けることはないでしょう。しかし、競馬に絶対はありません。舩山アナが「これも競馬だ!」と言うかもしれません。どうぞ皆さん、大いに迷ってください。そして、最後の3日間開催を終えて、楽しいクリスマスを、明るいお正月をお迎えください。