【メイクデビュー】(中山5R)レッジャードロが外からすごい脚で突き抜け新馬勝ち [News]
2021/01/09(土) 14:12
中山5Rのメイクデビュー中山(芝1600m)は2番人気レッジャードロ(藤田菜七子騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒6(良)。半馬身差の2着に1番人気ベルピエース、さらに2馬身半差の3着に7番人気マイネルダンクが入った。

レッジャードロは美浦・戸田博文厩舎の3歳牝馬で、父ドゥラメンテ、母ブルーグラスチャッター(母の父Bluegrass Cat)。

レース後のコメント

1着 レッジャードロ(藤田菜七子騎手)
「ゲート入りを少し嫌がったり、直線で内にモタれたリと課題はありますが、良い脚を使って勝てました。抜け出してから物見をする余裕もありましたし、若さを見せながらも能力で勝ってくれました」

2着 ベルピエース(石橋脩騎手)
「調教でよく動いていると聞いていました。枠も内枠でしたから、ゲートを出れば積極的に行こうと思っていました。自分のペースで行けましたし、最後も残れそうでしたが、あんなところから来られましたから。勝ち馬が強かったです」

3着 マイネルダンク(丹内祐次騎手)
「良いところに入れましたし、スピードがあります。最後は交わせるかと思いましたが、逆に離されました」