【メイクデビュー】(中京4R)バリコノユメがハナ差の激戦を制し新馬勝ち [News]
2021/01/09(土) 13:59
中京4Rのメイクデビュー中京(牝馬・ダート1200m)は4番人気バリコノユメ(藤懸貴志騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒8(良)。ハナ差の2着に13番人気エールソヴール、さらに4馬身差の3着に2番人気メイショウカイトが入った。

バリコノユメは栗東・松永昌博厩舎の3歳牝馬で、父ウインバリアシオン、母サルサファンタジア(母の父フレンチデピュティ)。

レース後のコメント

1着 バリコノユメ(藤懸貴志騎手)
「調教から良い動きをしていましたし、何よりも素直で性格がとてもいいです。調教でも動きが良くなっていました。ゲートは練習でそこまで速くなかったのでどうかと思いましたが、競馬という空気を読んでゲートも出てくれました。力を出し切って勝ってくれてよかったです。すごく賢い馬ですね」

2着 エールソヴール(松若風馬騎手)
「調教よりも実戦に行って良いタイプです。砂を被っても上手く立ち回ってくれましたし、追い出してからもしっかり反応してくれました。勝った馬が思った以上にしぶとかったです」

3着 メイショウカイト(団野大成騎手)
「上手に競馬をしてくれました。ゲートの一歩目は出てくれて、2歩目、3歩目は進みが悪い所がありましたが、すぐに覚えてくれるでしょう。初戦として良い内容でした」