【フェアリーS】美浦レポート タイニーロマンス [News]
2021/01/06(水) 15:55
 11日(月)に中山競馬場で行われるフェアリーステークスに出走を予定しているタイニーロマンス(牝3歳、美浦・金成貴史厩舎)について金成貴史調教師のコメントは以下の通り。

「前走の新馬戦は調教の段階でゲートの出も速く、落ち着きもあったのでいいレースが出来るのではないかと期待していましたが、その通りとなって良かったです。外枠で揉まれずにレースを運ぶことが出来て良かったかなと思いました。厩舎では手のかからない癒し系の馬です。みんなに愛されるタイプの牝馬です。

 前走の後牧場に出して、オーナーサイドと協議してフェアリーステークスを目標として、レースに向けて逆算して美浦に戻して、レースに向けて調教を進めてきました。予定通りに来ています。

 今朝の追い切りはウッドチップコースでの併せ馬でした。動きは追い切りを重ねるごとに良くなり、先週より今週の方が良かったと思います。新馬戦の内容が良かったので、出来れば2戦目もあまり変わらないで欲しいと思い、通常通りの仕上げをしてきました。

 今度は中山コースになりますが、センスと落ち着きがある馬なのでコースが変わることは特に心配していません。1600メートルのコースですが、今の中山競馬場は内が荒れてきているので、必ずしも内がいいとは思っていません。枠順はあまり気にしていません。レースについては調教にも乗っている内田博幸騎手に任せます」

(取材:小林雅巳)