【招福S】(中山)サトノディードが力強く差し切り4勝目 [News]
2021/01/05(火) 14:45
中山9Rの招福ステークス(4歳以上3勝クラス・ダート1800m)は9番人気サトノディード(石川裕紀人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分54秒3(良)。3/4馬身差の2着に1番人気ダンツエリーゼ、さらに半馬身差の3着に4番人気キーフラッシュが入った。

サトノディードは美浦・国枝栄厩舎の6歳セン馬で、父ディープインパクト、母ゴジップガール(母の父Dynaformer)。通算成績は13戦4勝。

レース後のコメント

1着 サトノディード(石川裕紀人騎手)
「上手く流れに乗れました。2回続けて除外になっていましたが、状態も上がっていましたし、流れも噛み合ってくれました」

3着 キーフラッシュ(宮崎北斗騎手)
「3コーナーで垂れてきてしまったのですが、また直線で盛り返しました。気持ちが安定しない部分があるのかもしれませんが、最後はよく伸びてくれました」

7着 エクリリストワール(戸崎圭太騎手)
「状態も良かったですし、ある程度ポジションを取りにいきましたが、最後に苦しくなりました。ちょっと距離を詰めても良いかもしれません」