【メイクデビュー】(中山3R)ピュアジャッジが逃げ切り新馬勝ち [News]
2021/01/05(火) 13:49
中山3Rのメイクデビュー中山(ダート1800m)は1番人気ピュアジャッジ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分57秒6(良)。2馬身半差の2着に2番人気スクリーンプロセス、さらに3/4馬身差の3着に6番人気ショウナンカホウが入った。

ピュアジャッジは栗東・清水久詞厩舎の3歳牡馬で、父ホッコータルマエ、母ピュアアイズ(母の父ネオユニヴァース)。

レース後のコメント

1着 ピュアジャッジ(松山弘平騎手)
「スタート良く、楽な感じでレースができました。終始余裕がありましたし、追ってからの反応も良かったです。着差以上に強い競馬だったと思います」

2着 スクリーンプロセス(横山武史騎手)
「初戦向きではないと思い、次につながる競馬ができればと思っていた中での2着。初戦としては上々だったと思います」

3着 ショウナンカホウ(三浦皇成騎手)
「素直な馬で、走ったら真面目。一回使って良くなると思います」

5着 タイセイサムソン(横山和生騎手)
「全体的にまだ若く、子供っぽく、走り方も調教の時からがむしゃらでした。初戦としては形も良かったですし、着順も悪くありませんし、何回か使えばと思います」