【チバテレ杯】(中山)~ミエノワンダー 早め先頭で快勝 [News]
2013/12/15(日) 16:02
中山9Rのチバテレ杯(3歳上1000万下、芝2000m)は2番人気ミエノワンダー(北村宏司騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分0秒6(良)。1馬身差2着に1番人気シャドウパーティー、さらに1馬身1/4差で3着に6番人気ライズトゥフェイムが入った。

ミエノワンダーは美浦・国枝栄厩舎の3歳牡馬で、父グラスワンダー、母トリプレックス(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は9戦3勝となった。

~レース後のコメント~
1着 ミエノワンダー(北村宏騎手)
「今日は状態が良かったです。気持ちが伴って馬体も充実してきた感じです。スタートを決めて、道中は楽に運べました。先頭に立つのが早かったのでフワッとするところもありましたが、最後までしっかりしていました。この先も楽しみです」

2着 シャドウパーティー(ムーア騎手)
「思うようなレースが出来ましたが、今日は反応が遅くて、伸びもジワジワとしたものになってしまいました。距離がもう200m長ければ...」

3着 ライズトゥフェイム(田中勝騎手)
「今日は元気が良かったです。そのうち勝てるチャンスがあると思います」

5着 アルティスト(柴田善騎手)
「3コーナーで動けませんでした。最後はよく伸びてくれていますが、一瞬の脚を使うタイプではないだけに残念でした」

8着 ブランクヴァース(蛯名騎手)
「進路がポッカリ空いていましたが、今日は馬体が重かったのか、反応してくれませんでした」