今年は『○○○』ですよ。フィ○○○マンで決まりですかね? [実況アナ!]
2020/12/10(木) 05:51
 万馬券を愛する皆さん、もう今年もゴール寸前です。残るは3週。思えば今年はちっともいいことがありませんでした。スカッとした万馬券を今年は手にした記憶がありません。この秋のGIレースは全て1番人気の馬が勝っていましたが、ついに先週のチャンピオンズカップで1番人気の馬が敗れました。それなのに私はあの1番人気の馬から3連複を買ってしまっていたのです。万馬券愛好家が1番人気の馬を中心にした馬券を買うなんて!まさに「貧すれば鈍する」です。やってはいけないことをしてしまいました。それで結果はお約束の『4着』...。私があの馬から馬券を買わなければ1番人気の馬の連勝は続いていたかもしれません。買うとどんな馬でも4着なるという魔力を私は持っているのかもしれません。そんなことを考えると気分が滅入るのですが、ここで気分を変えて11月の万馬券を振り返ります。11月に出た100万円を超える払い戻しとなったレース、WIN5の結果とそれぞれの実況担当者は以下の通りです。

11月 1日(日)福島・五色沼特別 3連単110万9380円(実況担当・中野)
11月 7日(土)福島・3レース 3連単179万3890円(実況担当・小林)
11月 7日(土)東京・ノベンバーS 3連単588万5570円(実況担当・大関)
11月14日(土)福島・4レース 3連単141万1430円(実況担当・小塚)
11月14日(土)東京・8レース 3連単100万8070円(実況担当・中野)
11月15日(日)福島・1レース 3連単200万9830円(実況担当・大関)
11月21日(土)東京・7レース 3連単204万2640円(実況担当・小塚)
11月21日(土)阪神・もちの木賞 3連単191万4230円(実況担当・檜川)
11月21日(土)東京・12レース 3連単184万1580円(実況担当・小塚)
11月28日(土)東京・2レース 3連単102万9190円(実況担当・中野)

<WIN5>
★11月 1日(日) 天皇賞(秋)
東京 10R(1番人気)・11R(1番人気) ...山本直也アナ
京都 10R(2番人気)・11R(2番人気) ...山本直アナ
福島 11R(4番人気) ...中野アナ
<払戻金> 3万830円

★11月 8日(日) AR共和国杯&みやこS
東京 10R(4番人気)・11R(3番人気) ...米田アナ
阪神 10R(6番人気)・11R(1番人気) ...檜川アナ
福島 11R(6番人気) ...小林アナ
<払戻金> 440万3170円

★11月15日(日) 福島記念&エリザベス女王杯
東京 10R(5番人気)・11R(2番人気) ...山本直也アナ
阪神 10R(3番人気)・11R(1番人気) ...米田アナ
福島 11R(2番人気) ...小塚アナ
<払戻金> 257万4490円

★11月22日(日) マイルチャンピオンシップ
東京 10R(3番人気)・11R(9番人気) ...山本直也アナ
阪神 9R(2番人気)・10R(8番人気)・11R(1番人気) ...大関アナ
<払戻金> 282万180円

★11月23日(月) 東京スポーツ杯2歳S
東京 10R(1番人気)・11R(1番人気) ...小塚アナ
阪神 9R(4番人気)・10R(4番人気)・11R(1番人気) ...中野アナ
<払戻金> 10万2210円

★11月29日(日) ジャパンカップ&京阪杯
東京 10R(1番人気)・11R(5番人気)・12R(1番人気) ...中野アナ
阪神 10R(2番人気)・11R(7番人気) ...山本直アナ
<払戻金> 315万5170円

そして11月終了時点の各アナウンサーの打率(万馬券となったレースの数÷レース実況数)を発表します。

小林 7割9分1厘
山本直也 7割8分8厘
小塚 7割8分3厘
大関 7割8分8毛
檜川 7割8分7毛
米田 7割6分7厘8毛
佐藤 7割6分7厘5毛
中野 7割6分3厘
小屋敷 7割3分5厘
山本直 7割1分3厘

 まず、11月の月間MVPの発表です。11月は大関アナです。11月の最高配当となる588万馬券でほぼ決まりでしたが、さらに彼は朝っぱらから単勝3万8250円が出た15日の福島競馬の第1レースを実況をしたことが評価されました。382倍の馬が勝つレースはそうそうあるものではありません。10月には410万馬券となったレースを実況しながらMVPになれなかった大関アナ。11月は堂々と月間MVPの座を手にしました。

 さぁ、リーディング争いでは順位がまた大きく変わりました。私小林がトップに立ったのです。11月は24打数22安打と固め打ちし、5月以来の首位となりました。前を行く人達の脚が止まったからとも言えますが、ラストスパートに入った私は先週の中山では6打数6安打しました。一気にこのまま押し切るつもりでいます。今週は多頭数で荒れる中京の担当です。ああ、リーディング穴ウンサーなんていついらいのことでしょう。山本直也アナが2位となり、3位は盛り返してきた小塚アナ。リーディングの行方はその後の大関アナ、檜川アナまでを含めた5人に絞られてきました。先月2位になった中野アナは急失速し、リーディング連覇は絶望的になりました。

 後ろ二人は11月も不動です。殿は変わらずに山本直アナです。彼は打率をさらに下げてしまいました。小屋敷アナも変わらずブービーで確定のようです。

 さて、今年の中央競馬の最後を飾るのは有馬記念。このレースのファン投票を宣伝するポスターをご覧になりましたか?真ん中に去年の勝ち馬がいて、上に今回のキャッチコピーが書かれています。そのキャッチコピーの言葉が、なんと『○○○よ届け。』なのです。私もあの朝ドラを見ていましたが、とにかく『○○○よ届け。』なのです。もうピンときた方もいらっしゃることでしょう。そう、あの馬が出走するじゃないですか!フィ○○○マンが、その走りで競馬ファンに○○○を送るはずです。今年の有馬記念は簡単ですね。