【猪名川特別】(阪神)プライドランドが馬場の真ん中抜け出して勝利 [News]
2020/11/23(月) 16:10
阪神10Rの猪名川特別(3歳以上2勝クラス・芝2000m)は4番人気プライドランド(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分01秒1(良)。1馬身1/4差の2着に2番人気サトノシャローム、さらに半馬身差の3着に3番人気アイアンバローズが入った。

プライドランドは栗東・高野友和厩舎の4歳牡馬で、父ディープインパクト、母ザズー(母の父Tapit)。通算成績は15戦3勝。

レース後のコメント
1着 プライドランド(北村友一騎手)
「いつも途中からハナに行く馬ですが、今日は行く馬もいると思っていたので、ポジションというよりも馬のリズムを大切にレースをしようと思っていました。先生(調教師)もその点は分かってくれているので、上手く嚙み合ってレースができました」

2着 サトノシャローム(藤岡康太騎手)
「枠的にも、主張して行ききった後も、終始プレッシャーのかかる展開で、その分、最後に響いてしまった感じですね」

3着 アイアンバローズ(池添謙一騎手)
「(休み明け)2度使って、体は良くなっていました。掛かる面がある馬なのですが、だいぶ折り合いもつくようになっていました。今日に関していえば、結果的に位置を取りに行った方が良かったかもしれません。流れに乗るようなレースができれば、更に良いかもしれません」

4着 リノキアナ(幸英明騎手)
「そんなに差はありませんからね。展開ひとつで良い勝負ができる馬です」