【オーロC】(東京)プールヴィルが馬場の外から差し切って4勝目 [News]
2020/11/15(日) 17:36
東京11Rのオーロカップ(3歳以上オープン・リステッド・芝1400m)は2番人気プールヴィル(三浦皇成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒4(良)。3/4馬身差の2着に1番人気スマイルカナ、さらに半馬身差の3着に8番人気ストーミーシーが入った。

プールヴィルは栗東・庄野靖志厩舎の4歳牝馬で、父Le Havre、母ケンホープ(母の父Kendargent)。通算成績は17戦4勝。

レース後のコメント
1着 プールヴィル(三浦皇成騎手)
「とてもバネのある良い馬です。これまでのレースを見ていて、脚の使いどころや気持ちの持っていき方が難しそうな感じがしていました。そのあたりを調教師と話して、今日は上手くいきました。重賞でもやれる力のある馬です」

2着 スマイルカナ(柴田大知騎手)
「2番手で上手く落ち着きそうだったのですが、外から他馬に来られるとやはりこの距離でも引っ掛かる感じになります。それでもこれだけ頑張るのですから、力のある馬です。今日は勝った馬が強かったです」

3着 ストーミーシー(田辺裕信騎手)
「今週、芝コースの最内を走った馬が一頭もいないので中間に転圧をかけた状態だと思い、内枠でしたし内側を走らせました。これで勝っていれば、上手くいったと言えるのですが、57kgはさすがに苦しいですね」

4着 ボンセルヴィーソ(石橋脩騎手)
「以前乗った時より、柔らかい感じで馬は良い雰囲気でした。道中は上手に走りましたし、最後までよく頑張って走ってくれました」