【オータムリーフS】(阪神)2番手で競馬を進めたスマートセラヴィーが抜けて快勝 [News]
2020/11/15(日) 16:07
阪神10Rのオータムリーフステークス(3歳以上オープン・ダート1400m)は3番人気スマートセラヴィー(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒5(良)。1馬身半差の2着に2番人気ヴァニラアイス、さらにアタマ差の3着に8番人気デザートストームが入った。

スマートセラヴィーは栗東・矢作芳人厩舎の4歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母スマートオーシャン(母の父Mr. Greeley)。通算成績は20戦5勝。

レース後のコメント
1着 スマートセラヴィー(戸崎圭太騎手)
「スタートも上手くいって、道中も良いペースで運べたので、最後もしっかり伸びてくれました」

2着 ヴァニラアイス(松山弘平騎手)
「スタート良く、いい形で勝ち馬を見ながら3番手から運びました。しっかり脚は使ってくれたのですが、今日は思った以上に勝ち馬が強かったですね」

3着 デザートストーム(北村友一騎手)
「テンションも高くなかったです。レースはこの馬にとって理想的な位置で運べたと思います。上手く捌けましたが、もう少し早く進路が確保できていればなと思います。よく伸びてくれています」