【オキザリス賞】(東京)バクシンが外から抜け出す [News]
2020/11/14(土) 15:38
東京9Rのオキザリス賞(2歳1勝クラス・ダート1400m)は1番人気バクシン(斎藤新騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒7(良)。2馬身差の2着に4番人気シーオブドリームス、さらにクビ差の3着に11番人気スペクタクルが入った。

バクシンは美浦・斎藤誠厩舎の2歳牡馬で、父ヘニーヒューズ、母アウトオブザウィム(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は6戦2勝。

レース後のコメント
1着 バクシン(斎藤新騎手)
「使っていって、精神的に馬も落ち着いて走ってくれるようになりました。前回も強い競馬でしたが、今回も物見をしていたように、着差以上の内容だったと思います。今後も楽しみです」

2着 シーオブドリームス(津村明秀騎手)
「初戦より少しトモが疲れていた感じです。3,4コーナーでは体がブレて手応えが怪しくなりましたが、手前を替えてまた伸びてくれました」

3着 スペクタクル(武藤雅騎手)
「距離がギリギリですね。流れていた割に折り合いを欠いていました」

4着 カレンロマチェンコ(松若風馬騎手)
「内枠でスッと先行できました。つつかれて走っていた分、最後は苦しくなりました」