【百日草特別】(東京)エフフォーリアが2連勝でオープン入り [News]
2020/11/08(日) 15:38
東京9Rの百日草特別(2歳1勝クラス・芝2000m)は2番人気エフフォーリア(横山武史騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分2秒3(良)。1馬身1/4差の2着に4番人気レインフロムヘヴン、さらに1馬身半差の3着に3番人気ヴェローチェオロが入った。

エフフォーリアは美浦・鹿戸雄一厩舎の2歳牡馬で、父エピファネイア、母ケイティーズハート(母の父ハーツクライ)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント

1着 エフフォーリア(横山武史騎手)
「思った通りの走りでした。北海道の時よりもパワーアップして成長を感じました。スローな流れで少しかかっていましたが、その中でもよく伸びてくれました」

2着 レインフロムヘヴン(M.デムーロ騎手)
「パドックまでは大丈夫でしたが、乗ってから気が入って入れ込んでいました」

3着 ヴェローチェオロ(須貝尚介調教師)
「ジョッキーはもう少し前の位置でレースがしたかったようですが、最初のコーナーで他の馬に入られて、おまけに前の馬がフラフラして思ったようなレースができませんでした。もったいなかったですね」

4着 ヴィルヘルム(戸崎圭太騎手)
「新馬戦の時より体は良くなっていましたが、気負って走っていました。もう少し落ち着いて走ってくれると良いですね」