【メイクデビュー】(阪神6R)グレイイングリーンが人気に応え新馬勝ち [News]
2020/11/08(日) 14:27
阪神6Rのメイクデビュー阪神(芝1400m)は1番人気グレイイングリーン(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒2(良)。1馬身3/4差の2着に5番人気ワールドバローズ、さらにハナ差の3着に4番人気サルファーコスモスが入った。

グレイイングリーンは栗東・池江泰寿厩舎の2歳牡馬で、父ディープインパクト、母リトルゲルダ(母の父Closing Argument)。

レース後のコメント

1着 グレイイングリーン(松山弘平騎手)
「スタート良く、枠も良かったです。良い形で流れに乗れましたし、手応えも良かったです。跳びが大きく、綺麗な走りをするので、今日のような良い馬場も良かったです」

2着 ワールドバローズ(和田竜二騎手)
「道中、いい感じで進めました。勝った馬について行きたかったのですが、仕掛けると少しモタモタしました。乗り味も良いですし、もっと変わると思います」

3着 サルファーコスモス(川田将雅騎手)
「ゲートが開いたことにびっくりして遅くなりましたが、良い競馬をしてくれましたし、直線も良い動きをしてくれました。これからもっと良さが出てくれたらと思います」

4着 ショウリュウレーヴ(団野大成騎手)
「調教の感じも良く、まだ幼い部分はありますが、レースでは集中していました。道中はスムーズでしたが直線で詰まってしまい、窮屈になりもったいなかったです」