【古都S】(京都)シークレットランがゴール前の接戦を押し切ってOP入り [News]
2020/10/31(土) 17:52
京都10Rの古都ステークス(3歳以上3勝クラス・芝2400m)は2番人気シークレットラン(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分26秒3(良)。クビ差の2着に1番人気アンティシペイト、さらにクビ差の3着に7番人気ラクローチェが入った。

シークレットランは美浦・田村康仁厩舎の4歳牡馬で、父ダンカーク、母カールファターレ(母の父キングカメハメハ)。通算成績は14戦4勝。

レース後のコメント
1着 シークレットラン(川田将雅騎手)
「背中の良い馬です。終始リズム良く競馬ができました。しっかり走り切って凌いでくれました」

2着 アンティシペイト(武豊騎手)
「マイペースの競馬ができましたが、傷んだ馬場を気にしていたようで、それが響きました」

3着 ラクローチェ(幸英明騎手)
「負けはしましたが、最近の中で内容的には良いレースでした。差もありませんでしたし、このようなレースができれば、すぐチャンスは来ると思います」

5着 ヴィッセン(団野大成騎手)
「いつもの競馬だと促して好位からという形ですが、出遅れて、違う形の競馬になりました。道中は折り合いはつきましたし、直線に向いてくる時もジリジリスピードを上げてくれました。久々の分かなと思います」