【鳴滝特別】(京都)ヒートオンビートがゴール前で差し切る [News]
2020/10/25(日) 15:24
京都9Rの鳴滝特別(3歳以上2勝クラス・芝2200m)は2番人気ヒートオンビート(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分14秒4(良)。1馬身差の2着に7番人気オールザワールド、さらにアタマ差の3着に5番人気エンデュミオンが入った。

ヒートオンビートは栗東・松田国英厩舎の3歳牡馬で、父キングカメハメハ、母マルセリーナ(母の父ディープインパクト)。通算成績は9戦3勝。

レース後のコメント
1着 ヒートオンビート(C.ルメール騎手)
「スタミナのある馬です。普段はエンジンのかかりが遅いですが、今日は直線で速い脚を使いました。びっくりしました。2200mから2400mくらいが合っていると思います」

2着 オールザワールド(松山弘平騎手)
「自分からうまく内々を上がって行けて、最後もよく伸びていますが、勝った馬が強かったです」

3着 エンデュミオン(秋山真一郎騎手)
「使える脚が短いのかもしれません。一旦は2着馬を交わしているんですけどね」

4着 フライライクバード(福永祐一騎手)
「良い形でしたが、ここからというところで伸び切れませんでした。前走で先着した馬に負けていますからね。反応が良くなっていますが、走り切れていません。原因を精査したいです」