キズナが有馬記念を回避 [News]
2013/12/08(日) 17:11
 12月22日(日)に中山競馬場で行われる有馬記念に出走を予定していたキズナ(牡3歳 栗東・佐々木晶三厩舎)は同レースへの出走を取りやめることになった。

●佐々木晶三調教師のコメント
「誠に残念なことではございますが、今回の有馬記念の出走は回避せざるをえない状況になってしまいました。私自身も今回の有馬記念はとても楽しみにしておりましたし、キズナ号の出走により有馬記念が盛り上がることも重々承知しております。ファンの皆様方にたくさんの投票をしていただき、オルフェーヴルに続く支持をいただき、本当に感謝しております。しかしながらキズナ号はダービーや凱旋門賞の完調時に比べると遥かに劣る状態であります。中途半端な状態で出走させることはファンの皆様にご迷惑をおかけする可能性も考えられます。この件に関してオーナーサイドと協議の結果、今回の有馬記念の出走は見合わせようという結論に達しました。ダービー以来の日本でのキズナ号の走りを楽しみに待ち望んで下さったファンの皆様と同じように、私もとても残念な気持ちで一杯です。しかし、キズナ号はまだ3歳です。将来のある馬ですので、ここで無理をしないで来年以降に備えようと思っております。ファンの皆様方にはご理解をいただき、これからもキズナ号の応援をして下さる様よろしくお願いいたします」

(JRA発表による)