【オクトーバーS】(東京)テリトーリアルが直線で後続を振り切る [News]
2020/10/18(日) 18:24
東京11Rのオクトーバーステークス(3歳以上オープン・リステッド・芝2000m)は8番人気テリトーリアル(石川裕紀人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分59秒5(稍重)。3/4馬身差の2着に4番人気パンサラッサ、さらに4馬身差の3着に10番人気オウケンムーンが入った。

テリトーリアルは栗東・西浦勝一厩舎の6歳牡馬で、父Teofilo、母コンサヴァトワー(母の父Street Cry)。通算成績は28戦7勝。

レース後のコメント
1着 テリトーリアル(石川裕紀人騎手)
「センスが素晴らしいです。いつも好位でレースをしている馬で、内枠でゲートさえ出れば今日のようなレースをしようと思っていました。抜け出すのが早かったですが、思った以上に頑張ってくれました」

2着 パンサラッサ(藤岡佑介騎手)
「スタートも決まって、ハナに行くことができました。直線で交わされてからも、しぶとかったです」

3着 オウケンムーン(吉田豊騎手)
「もう少し前に行きたかったのですが、スタートも良くなかったです。ピュッと切れる脚はありませんが、それでもグイグイと伸びてくれました。位置取りの差だと思います」

11着 ロシュフォール(三浦皇成騎手)
「トモの使い方も良かったですし、3、4コーナーの馬場も思ったより乾いていて、気にせずに走っていました。ギアの上がるところで、もうひとつ伸びれくれませんでした」