【もみじS】(京都)アスコルターレがゴール直前で差し切る [News]
2020/10/18(日) 18:13
京都9Rのもみじステークス(2歳オープン・芝1400m)は2番人気アスコルターレ(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分22秒8(稍重)。クビ差の2着に3番人気ヒトヨギリ、さらにクビ差の3着に1番人気ジャカランダレーンが入った。

アスコルターレは栗東・西村真幸厩舎の2歳牡馬で、父ドゥラメンテ、母アスコルティ(母の父Danehill Dancer)。通算成績は3戦2勝。

レース後のコメント
1着 アスコルターレ(松山弘平騎手)
「スタート良く、外回りの渋った馬場をこなしてくれて、良かったです。最後もしっかり差し切ってくれました。良い競馬をしてくれました」

2着 ヒトヨギリ(C.ルメール騎手)
「スタートからスピードを出して、冷静に走ってくれました。ラストは距離がギリギリなのか、きつかったですね。でもよく頑張ってくれました」

3着 ジャカランダレーン(福永祐一騎手)
「前回もそうでしたが、あと100mが伸び切れません。前走は馬場かなと思いましたが、今日はイレ込みがきつく気が入っていて、その影響かもしれません。道中はリラックスして走っていて、楽な手応えでしたが、伸び切れませんでした」

4着 ウインスーリール(国分優作騎手)
「イライラしていて、ゲートもあのような形で出ました。元々どのような競馬をするのか、というところがあったので、溜めるだけ溜めたらしっかり良い脚を使ってくれました。上位とは差のないレースです。ゲートは申し訳なかったのですが、どのようなレースもできるということを確認できたことは、良かったです」