【カペラS】(中山)~ノーザンリバーがダートで重賞2勝目を挙げる [News]
2013/12/08(日) 16:28
中山11Rのカペラステークス(3歳以上GIII・ダート1200m)は、6番人気ノーザンリバー(柴田善臣騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒7。クビ差の2着に7番人気スノードラゴンが、半馬身差の3着に2番人気シルクフォーチュンがそれぞれ入線。

ノーザンリバーは栗東・浅見秀一厩舎の5歳牡馬で、父アグネスタキオン、母ソニンク(母の父Machiavellian)。通算成績は16戦6勝となった。

レース後のコメント
1着 ノーザンリバー 柴田善臣騎手
「1400mの競馬を使っていてズブくなってきたと聞いていましたので、最内枠から前へ行きました。3~4コーナーはいい手応えでどこへ行こうか迷うくらいでしたし、仕掛けてからも馬の間を抜けるのが速かったです。状態もよく、乗りやすい馬で思ったより強かったです。短いところで走りましたが、1400mでも走れますし、元気もあります。これからも楽しみな馬です」

2着 スノードラゴン 大野拓弥騎手
「もうひとつ前の位置で競馬をしたかったのですが、逆にそれで脚がたまりました。久々にいい脚を使ってくれました。最後は相手に合わせて走るようになったので、そのあたりが今後の課題です」

3着 シルクフォーチュン 藤沢則雄調教師
「パサパサのダートは追込一辺倒のこの馬には厳しいです。勝負どころでひと呼吸入って突き抜けるかと思いましたが、ダートの外側は砂が厚かったですね」

4着 セイクリムズン 北村宏司騎手
「スタートも出ましたし、2列目のいいところにつけられましたが、道中は追いっぱなしで、そのぶん最後はジリジリとした伸びでした。がんばってくれてはいるのですが......」

5着 スリーボストン 秋山真一郎騎手
「外枠なら控えられたかもしれませんが、内枠でしたし、スピードを生かすレースをしました。結果的にペースが速くて、差し馬の展開になってしまいました。でも、よくがんばっていると思います」

9着 スイートジュエリー 北村友一騎手
「少し内側にモタれる面があり、今日は外枠ということでスムーズなレースができませんでした。速い馬が揃っていましたし、今日はかみ合いませんでした」

10着 トーホウチェイサー 田中勝春騎手
「最後は脚を使ってくれていますが......」

11着 マルカバッケン 内田博幸騎手
「少し進路を取りにくいところがありました。勝ち馬と同じ位置にいたかったのですが......。ゴチャついたところにいたのもあまりよくなかったですね」

15着 サマーウインド 松岡正海騎手
「これが引退レースだそうです。3コーナーをすぎたあたりから、走りがバラバラになってしまいました」