【プラタナス賞】(東京)タイセイアゲインが馬群から抜け出して粘り切りデビューから2連勝 [News]
2020/10/17(土) 16:06
東京9Rのプラタナス賞(2歳1勝クラス・ダート1600m)は3番人気タイセイアゲイン(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒1(重)。3/4馬身差の2着に2番人気ゴールドレガシー、さらにクビ差の3着に10番人気シンヨモギネスが入った。

タイセイアゲインは栗東・松下武士厩舎の2歳牡馬で、父パイロ、母アーバンレジェンド(母の父アグネスタキオン)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント
1着 タイセイアゲイン(松山弘平騎手)
「スタートが速く、前向きさのあるレース運びでした。前半で他馬に出られる場面がありましたが、我慢できて溜めがきいていました。直線では前が開くと、しっかり伸びてくれました。競馬が上手で、今後が楽しみです」

2着 ゴールドレガシー(戸崎圭太騎手)
「新馬の時よりはレースぶりが良くなっていますが、まだ大味です。一番強い競馬はしているので、能力はあります」

4着 キープイットシンポ(菅原隆一騎手)
「位置取りはイメージ通りでしたが、道中で他馬と併せる形にならず、ファイトしてくれませんでした。今回は馬場も悪く、相手も強くなっていましたが、頑張っています」