【メイクデビュー】(東京5R)ヴィクトゥーラが直線内から抜け出して新馬勝ち [News]
2020/10/17(土) 15:12
東京5Rのメイクデビュー東京(芝1600m)は3番人気ヴィクトゥーラ(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分39秒2(重)。1馬身半差の2着に2番人気クリーンスイープ、さらに1馬身1/4差の3着に8番人気ミヤビハイディが入った。

ヴィクトゥーラは美浦・金成貴史厩舎の2歳牡馬で、父ロードカナロア、母グローリアスローズ(母の父ロックオブジブラルタル)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 ヴィクトゥーラ(M.デムーロ騎手)
「強かったです。先週調教に乗ったのですが、能力は高いと感じました。レースでは思った通りでした。瞬発力が凄かったです」

3着 ミヤビハイディ(吉田豊騎手)
「外枠からジワッと出ていけました。この馬は新馬向きではないですから、使ってこの後ガタッとこなければ良いと思います」

4着 トピックス(丸山元気騎手)
「スタートして、ついて行けるかと思うところはありましたが、ペースが遅く、この馬にとっては良いペースでした。先々良くなると思います」

5着 スカリーワグ(北村友一騎手)
「ゲートの出が速く、2番手から競馬をして、追ってから反応して脚を使ってくれました。もしかするとダートの方が良い走りをするかもしれません」