【メイクデビュー】(新潟5R)ムーンビードが大外から末脚を伸ばして新馬勝ち [News]
2020/10/17(土) 15:00
新潟5Rのメイクデビュー新潟(芝1400m)は1番人気ムーンビード(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒5(良)。半馬身差の2着に4番人気メイショウツツジ、さらに1馬身半差の3着に2番人気ジャストザビアンカが入った。

ムーンビードは栗東・友道康夫厩舎の2歳牝馬で、父American Pharoah、母イブニングジュエル(母の父Northern Afleet)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 ムーンビード(吉田隼人騎手)
「少し癖のあるタイプの馬ですから、ゴチャつかない外枠が良かったと思います。馬場の良い外側を走れましたし、直線でよく伸びてくれました。1回使ってカッとなりそうな馬なので、今後はそのあたりが課題になると思います」

2着 メイショウツツジ(古川吉洋騎手)
「この馬も良く伸びていますが、最後は通ったコースの差でしょう。内側はボコボコしています。レースは上手ですし、初戦としては良い競馬をしてくれたと思います」