【メイクデビュー】(京都5R)ニホンピロマリブがゴール前捉え切って新馬勝ち [News]
2020/10/17(土) 14:50
京都5Rのメイクデビュー京都(芝1800m)は7番人気ニホンピロマリブ(小牧太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒3(重)。クビ差の2着に1番人気フレイミングサン、さらに4馬身差の3着に6番人気シゲルカイチョウが入った。

ニホンピロマリブは栗東・服部利之厩舎の2歳牡馬で、父ジャングルポケット、母ニホンピロオーロラ(母の父マンハッタンカフェ)。通算成績は1戦1勝。

レース後のコメント
1着 ニホンピロマリブ(小牧太騎手)
「初めて調教に乗った時はもう一つでしたが、前回は良かったですね。馬場が渋っていたので、トモの緩いところがどうかと思いましたが、調教通り走ってくれました。良い馬です。4コーナーでは届くと思いました」

2着 フレイミングサン(藤岡佑介騎手)
「前向きな馬で、返し馬からグイグイと行く感じでした。今日は馬場も考えて、2番手で我慢する競馬をしました。結果的に早めに抜け出して、差されましたので、もう少し我慢させるか、最初からハナを切る方が良かったかなというところです。性格も良く素質がありそうな馬なので、もっと良くなってきそうです」

3着 シゲルカイチョウ(松若風馬騎手)
「返し馬から良い雰囲気で、良い馬です。素直で競馬がしやすいです。まだスッとは反応できないのですが、最後まで伸びて頑張ってくれています。使いつつ良くなってくるタイプだと思います」