【北陸S】(新潟)ロードアクアが直線前を捉え4勝目 [News]
2020/10/11(日) 17:59
新潟11Rの北陸ステークス(3歳以上3勝クラス・芝1200m)は6番人気ロードアクア(田中健騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分8秒7(良)。1馬身1/4差の2着に2番人気ヒロイックアゲン、さらにクビ差の3着に10番人気シセイヒテンが入った。

ロードアクアは栗東・浅見秀一厩舎の4歳牡馬で、父ロードカナロア、母オーシュペール(母の父ダイワメジャー)。通算成績は13戦4勝。

レース後のコメント

1着 ロードアクア(田中健騎手)
「昇級初戦でハンデも背負っていましたが、ゲートを出てからいつも通り好位で楽につけられました。手応え良く直線に向いて、最後も遊んでいたぐらいでした」

2着 ヒロイックアゲン(団野大成騎手)
「このクラスで良い競馬をしていたので、どんな位置でも競馬ができるかなと思っていました。抑えて行って、ペースが遅かったので前に粘られてしまいました。それでも乗りやすいですし、レースが上手です。狭くなって怯むところはありましたが、最後に開けたときはひと脚使えました。すぐ勝ち負けできると思います」

4着 アルミューテン(黛弘人騎手)
「スタートが決まって、自分のリズムで良い形で直線を迎えました。もうすこしでしたが、このクラスでもスピードは上の方だと思います」

6着 アヌラーダプラ(横山武史騎手)
「結構自信がありましたが、普通に競馬をして、普通に負けてしまいました。自信があった分すごくショックです」