【六社S】(東京)グロンディオーズが人気に応え4勝目 [News]
2020/10/11(日) 16:16
東京9Rの六社ステークス(3歳以上3勝クラス・芝2400m)は1番人気グロンディオーズ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分26秒4(稍重)。半馬身差の2着に12番人気シロニイ、さらに1馬身3/4差の3着に4番人気サトノラディウスが入った。

グロンディオーズは美浦・田村康仁厩舎の5歳牡馬で、父ルーラーシップ、母シェリール(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は8戦4勝。

レース後のコメント

1着 グロンディオーズ(C.ルメール騎手)
「長くいい脚を使って伸びてくれました。レースも上手ですね」

2着 シロニイ(石川裕紀人騎手)
「苦しいところから食いしばって頑張ってくれました。差し返せると思ったのですが、勝ち馬にもその分頑張られてしまいました」

3着 サトノラディウス(田辺裕信騎手)
「ペースは流れていましたが、人気馬を見つつ、道中タメを作らせたつもりでした。ただ直線はダラダラとした走りになってしまいました。それでも3着ですから力は見せてくれました。昨日のような馬場でなかったのも良かったと思います」