【メイクデビュー】(阪神5~6R)~ブルーフラッシュ、バカニシナイデヨがデビュー∨ [News]
2013/12/08(日) 15:34
阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝1800m)は、4番人気ブルーフラッシュ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒1。半馬身差の2着に2番人気ショウナンパンドラが、クビ差の3着に1番人気エイシンスパルタンがそれぞれ入線。

ブルーフラッシュは栗東・松田国英厩舎の2歳牡馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母ピサノレインボー(母の父Rainbow Quest)。

レース後のコメント
1着 ブルーフラッシュ 戸崎圭太騎手
「普段からセンスがあるようで、注文なく追えました。乗っていて『これは勝てるな』という雰囲気のある馬でした。距離がもっと長くなっても大丈夫そうですし、使ってもっとよくなりそうです」

2着 ショウナンパンドラ 浜中俊騎手
「性格のいい馬で、どっしりしています。フットワークがいいですし、先々期待できる馬です。上がりの速い決着でも差を詰めていましたし、素質を感じます」

6着 ヴァイセフラウ M.デムーロ騎手
「センスのある馬です。初戦ということで幼さを出していましたが、3~4コーナーで内にいた馬と接触しても怯まなかったようにいい闘争心があります。最後の200mぐらいで疲れてしまいましたが、距離は1600~1800mぐらいがいいでしょう」


阪神6Rのメイクデビュー阪神(ダート1200m)は、6番人気バカニシナイデヨ(高倉稜騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒6。3馬身差の2着に1番人気キネオマドンナが、ハナ差の3着に3番人気トーホウメビウスがそれぞれ入線。

バカニシナイデヨは栗東・崎山博樹厩舎の2歳牝馬で、父チーフベアハート、母チキリランバダ(母の父メイショウドトウ)。

レース後のコメント
1着 バカニシナイデヨ 高倉稜騎手
「ゲートは速かったです。それでも4コーナー手前では手応えからどうかなと思っていたのですが、後ろの馬の騎手の手が動いていたので『もしかしたら?』と思いました。最後までよくがんばってくれました」

崎山博樹調教師のコメント
「入厩してまだ1ヶ月なんです。ゲート試験に受かったものの攻め馬も足りずという感じでしたが、ハナに行くとは大したものです。細い馬なのでもっと体が大きくなればいいですね。芝でも走れると思います」

3着 トーホウメビウス 田辺裕信騎手
「怖がりな面があり、ゲートを出てから他の馬を気にしていましたし、砂を被ると怯んで後手後手になりました。それでも終いはよく伸びてくれました」