【オパールS】(京都)リバティハイツが最後差し切りオープン勝ち [News]
2020/10/10(土) 17:10
京都11Rの夕刊フジ杯オパールステークス(3歳以上オープン・リステッド・芝1200m)は3番人気リバティハイツ(団野大成騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分8秒6(重)。半馬身差の2着に1番人気ケープコッド、さらに2馬身半差の3着に15番人気トウショウピストが入った。

リバティハイツは栗東・高野友和厩舎の5歳牝馬で、父キングカメハメハ、母ドバウィハイツ(母の父Dubawi)。通算成績は19戦3勝。

レース後のコメント

1着 リバティハイツ(団野大成騎手)
「今日が初めての1200mの競馬でしたが、前走はジョッキーがテンから出していって競馬を教えてくれていたので、それを活かすことができました。折り合いもついてスムーズに直線を迎えることができました。良い条件で使ってくれて、馬の状態も良かったと思います」

2着 ケープコッド(酒井学騎手)
「少しトモが弱くて、一歩目ゲートを出ていかなかったのですが、二の脚で良いポジションを取ってくれました。長くいい脚を使うと聞いていたので、この馬場で早めに動いていきました。最後は一杯でしたが、これだけ走れば十分だと思います」

3着 トウショウピスト(国分恭介騎手)
「良いスタートを切って流れに乗れました。怯むところがあるので直線ばらけてくれたのも良かったです」

4着 アマルフィコースト(藤岡佑介騎手)
「安定した走りで、上手く立ち回ってくれました。最後は決めての差が出たと思います」