【長篠S】(中京)人気のカレンモエが好位から脚を伸ばしてOP入り [News]
2020/09/26(土) 16:54
中京11Rの長篠ステークス(3歳以上3勝クラス・芝1200m)は1番人気カレンモエ(北村友一騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分8秒1(良)。1馬身1/4差の2着に3番人気メイショウミモザ、さらに2馬身半差の3着に8番人気シャンデリアムーンが入った。

カレンモエは栗東・安田隆行厩舎の4歳牝馬で、父ロードカナロア、母カレンチャン(母の父クロフネ)。通算成績は8戦4勝。

レース後のコメント
1着 カレンモエ(北村友一騎手)
「何よりもスムーズに競馬ができて、勝つことができてホッとしています。馬自身に硬さがなく、動けるようになってきました。それでいてテンションが上がることもなく、全てが良くなってきているのだと思います」

(安田隆行調教師)
「最近はゲートの出がすごく良くなり、レースがしやすくなりました。前走は半年ぶりということもあって、止まってしまいましたが、ここを目標に順調にこられました。上積みもありました。これでオープン入りですが、次のレースはこれからじっくり考えます」

2着 メイショウミモザ(池添謙一騎手)
「久しぶりの輸送で体が減っていましたが、何とか我慢してくれて、上手に競馬をしてくれています。体力がつけば、しまいも、もうひと踏ん張りできるでしょう。まだ3歳ですから、これからの成長に期待します」

3着 シャンデリアムーン(吉田隼人騎手)
「二の脚が速く、スッと行けました。同型馬がいたのでペースが上がりましたが、よく頑張ってくれています。平坦で小回りのコースなら、もっと持ち味が生きそうです。良いスピードを持っています」

4着 グッドジュエリー(幸英明騎手)
「最後は良い脚を使ってくれました。展開ひとつです」