【JRAアニバーサリーS】(中京)ダイアナブライトがゴール前での競り合いを制する [News]
2020/09/21(月) 17:20
中京11RのJRAアニバーサリーステークス(3歳以上3勝クラス・ダート1800m)は6番人気ダイアナブライト(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分51秒3(良)アタマ差の2着に7番人気オーケストラ、さらに3/4馬身差の3着に1番人気ニューモニュメントが入った。

ダイアナブライトは栗東・石坂正厩舎の4歳牝馬で、父ディープインパクト、母チェリーコレクト(母の父Oratorio)。通算成績は11戦4勝。

レース後のコメント
1着 ダイアナブライト(吉田隼人騎手)
「ペースが流れそうなメンバーでしたし、出たなりで行きました。砂を被っても平気でした。3コーナーの手前で一旦手応えがなくなったのですが、4コーナーでまたグッと来て、大丈夫だなと思いました。こういう競馬で勝てて、内容も良かったです」

2着 オーケストラ(斎藤新騎手)
「去勢してから、成長してくれました。センスも根性もあります。すぐに順番が来るんじゃないかなと思います」

3着 ニューモニュメント(松山弘平騎手)
「今日は1番枠で、ロスなく内で脚をためられました。最後まで踏ん張ってくれました」

4着 アイアムレジェンド(和田竜二騎手)
「外を回って下がるというレースが続いていましたから、今日は馬混みに入れました。最後は苦しくなってもファイトしてくれました。これがきっかけになると良いですね」

5着 マリオ(幸英明騎手)
「最後は伸びてきています。展開ひとつですね」

13着 アスターマリンバ(松若風馬騎手)
「ゲートを出てくれて、3,4番手では苦しいと思って主張していきましたが、展開が厳しかったです。今日は展開に尽きます」

16着 メイショウソテツ(武豊騎手)
「折り合いを欠いて、コーナーでは外に逃げていました。思った走りができませんでした」