【メイクデビュー】(中山6R)最低人気ユイノシワザが新馬勝ち [News]
2020/09/19(土) 15:49
中山6Rのメイクデビュー中山(ダート1800m)は11番人気ユイノシワザ(内田博幸騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分58秒8(良)。3/4馬身差の2着に3番人気フォートレスヒル、さらに半馬身差の3着に4番人気アナザーヴィータが入った。

ユイノシワザは美浦・竹内正洋厩舎の2歳牡馬で、父クリエイター2、母アドマイヤインディ(母の父フジキセキ)。

レース後のコメント

1着 ユイノシワザ(内田博幸騎手)
「3、4コーナーで行けると思ったのですが、内へ行こうとすると進んで行かないので、外へ切り替えました。最後は内にもたれながらも伸びてくれました。展開が向いたこともあると思いますが、我慢勝ちです」

2着 フォートレスヒル(菅原明良騎手)
「早目に動かされた分、最後に脚が鈍りました。初戦としては頑張っていますし、もっと良くなると思います」

3着 アナザーヴィータ(宮崎北斗騎手)
「返し馬でトモを落としたり、まだ力がつき切っていませんが、みんながバテていく中、体力のあるところを見せてくれました」

4着 ネイチャーラブリー(野中悠太郎騎手)
「砂を被っても大丈夫でした。最後までしぶとく脚を使っています。レースを使って上積みがあると思います」

5着 ディープステイト(木幡巧也騎手)
「動いていった分、最後に苦しくなりました。センスがあって、力がありそうです。使って上積みもあると思います」