12月5日(木)「クイーン賞(船橋)はアクティビューティが制す」ほか [全国競馬情報]
2013/12/05(木) 18:46
●●ダートグレード競走の結果●●
<4日(水)>
・船橋競馬場(天候・晴、馬場状態・良)で行われた牝馬限定のダートグレード競走・第59回デイリー盃クイーン賞(JpnIII・1800m・3歳以上オープン・1着賞金2100万円)は、南関東5頭、JRAから5頭、他地区3頭の合わせて13頭が出走した。
 スタート直後JRAのラフアウェイが落馬し、波乱の幕開けとなった。スタンド前では、大井のサクラサクラサクラが今回も逃げ、2番手に1番人気JRAのアクティビューティが続いた。その後ろにアムールポエジー、カラフルデイズのJRA勢が追う展開。
向正面でも先行勢を含め大きな動きはなく、4コーナーへ。2番手のアクティビューティが徐々に前との差を詰め、残り200mを過ぎたところで先頭に立ち、最後は2馬身突き放して快勝。勝ちタイムは1分52秒6だった。鞍上はJRAの吉田隼人騎手。2着に逃げた7番人気のサクラサクラサクラが粘り、3着には5番人気JRAのカラフルデイズが入った。
 勝ったアクティビューティは父バゴ、母ファンドリオボッコ(その父ワッスルタッチ)という血統の牝6歳・芦毛馬。JRA栗東・柴田光陽調教師の管理馬。通算成績は34戦6勝(うち地方5戦1勝)、ここ2戦は女王メーデイアに追いすがっての2着が続いていたが、ついに重賞初制覇となった。
 
●レース後の関係者のコメント
1着 アクティビューティ(吉田隼人騎手)
「強い馬が1頭いましたが、他の馬もライバルだと思っていました。自分の競馬をすれば、良い結果がついてくると思い、一生懸命に乗りました。馬は落ち着いていて、ゲートも上手く出られましたし、内容は良かったです。元々ゲートの出は良い馬ですし、自分の競馬ができたと思います。今日勝てたのは、皆さんの応援のおかげです。」
(柴田光陽調教師)
「この馬自身が力を付けています。左回りは、去年船橋で走った時にスタートで躓いて後方からになったこともありましたが、スタートが良くなって、好位につけられました。血統的に奥手の血が出ているのかもしれません。馬は元気いっぱいで、精神面にも落ち着いてきました。輸送もクリアしてくれるようになり、大人になったと思います。夏は函館で1回使いましたが、その時は太め残りでした。今日の体重は許容範囲で、馬が熟してきた感じです。来年は何とか頑張ってもらいたいです。次走はまだ分かりませんが、牝馬の重賞を中心に行こうと思っています。JBCはまた目指したいですね。」
 
2着 サクラサクラサクラ(山崎誠士騎手)
「良いペースでした。折り合いがついて、頑張ってくれました。息使いが重い感じがしましたが、そこそこ粘ってくれました。さすが去年のJBCレディスクラシックで3着に来ただけあります。調教師も1回使って、次はさらに良いと言っていました。今後も楽しみです。」
 
3着 カラフルデイズ(福永祐一騎手)
「1200mを続けて使っていたので、行きたがっていたのですが、抑えはききました。体調が万全とまで言えない中で、最後までよく伸びて頑張ってくれました。1200mを続けて使っていた分、最後は甘くなったのかもしれません。」
 
(取材:米田元気)
 
 
●●重賞レースの結果●●
<5日(木)>
・園田競馬場(天候・晴、馬場状態・良)で行われた第56回園田金杯(3歳以上オープン・ダート1870m・1着賞金700万円)は12頭が出走した。
 スタートしてマンボビーンとダイナミックグロウが並んで前に行き、3番手はJRAの岩田騎手が騎乗したマイアヴァロン、その後に3番人気のホクセツサンデーがつけた。単勝1.5倍の1番人気となったオオエライジンはスタートで少し後手をふんだものの1週目の3コーナーすぎで中団の6番手につけた。
 2周目の3コーナーではホクセツサンデーが先頭に立ち、外にオオエライジンが並んで行き、前半は後方からレースを進めた2番人気のタイガースラムが差をつめて最後の直線に向かった。そして直線では食い下がるホクセツサンデーを突き放してオオエライジンが2馬身半の差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分00秒7。勝利騎手は兵庫の下原理。3着は3馬身半差でタイガースラムが入り、4着は4番人気のクレバーペガサス。
 勝ったオオエライジンは父キングヘイロー、母フシミアイドル(母父リンドシェーバー)という血統の牡5歳栗毛馬。兵庫の寺嶋正勝調教師の管理馬。昨年はこのレースで2着に敗れたが、今年は人気にこたえて重賞8勝目となり、通算成績は21戦14勝となった。
 
 
●●船橋の石崎駿騎手が地方競馬通算1000勝達成●●
・船橋競馬場所属の石 駿(いしざき しゅん)騎手(佐藤賢二厩舎)は、3日(火)に行われた船橋競馬の第10レースでエミーズパラダイス(14頭立て、6番人気、川島正行厩舎)に騎乗して勝ち、平成13年6月のデビューから10522戦目で通算1000勝を達成した。成績等は以下のとおり。
 
●石崎駿騎手プロフィール
・生年月日:1983年9月28日
・出身地:千葉県
・初騎乗:2001年6月27日 船橋4R マルコージュノー(6着)
・初勝利:2001年7月  2日 船橋6R ナイススターワン
・重賞勝鞍数:27
 
(千葉県競馬組合発表のリリースによる)
 
 
●●各地の主な2歳戦の勝ち馬●●
<3日(火)>
●船橋(天候:晴 馬場:良)
★リバーサイドアイドル特別2歳(第6競走・2歳・ダート1600m・8頭立て)
 ファイト・牡・勝ちタイム1分42秒0・父マイネルセレクト
<5日(木)>
●船橋(天候:晴 馬場:良)
★リバーサイドジュニア特別2歳選抜馬(第11競走・2歳・ダート1200m・10頭立て)
 レインボーラヴラヴ・牝・勝ちタイム1分14秒7・父マイネルラヴ
●名古屋(天候:曇 馬場:重)
★2歳特別2歳1(第4競走・2歳・ダート1400m・9頭立て)
 トーホウボンバー・牡・勝ちタイム1分30秒9・父ファンタスティックライト
★セレクトゴールド2歳(第5競走・2歳・ダート1400m・12頭立て)
 ピースフルリバティ・牡・勝ちタイム1分30秒9・父アッミラーレ
 
 
●●JRA交流競走の勝ち馬●●
<4日(水)>
●船橋(天候:晴 馬場:良)
★フェイスフルブーツ特別(第9競走・3歳以上・ダート1600m・14頭立て)
 メイショウアルザス・牡4歳・JRA栗東:藤岡範士厩舎・父ワイルドラッシュ
<5日(木)>
●船橋(天候:晴 馬場:良)
★フェイスフルステッキ特別(第9競走・3歳以上・ダート1800m・13頭立て)
 ポイントプラス・牡4歳・船橋:林正人厩舎・父グラスワンダー
●園田(天候:晴 馬場:良)
★円山川特別(第9競走・3歳以上・ダート1400m・10頭立て)
 ドンマネー・牡3歳・JRA栗東:加用正厩舎・父アグネスデジタル
 
(担当:小林雅巳)