【セントライト記念】美浦レポート ガロアクリーク [News]
2020/09/17(木) 13:35
9月21日(月)に中山競馬場で行われる第74回セントライト記念(GII)に出走予定のガロアクリーク(牡3歳、美浦・上原)について、追い切り後の上原博之調教師のコメントは以下の通り。

(春のクラシックレースについて)
「入厩してきた時から非常に良い感じで、2000メートルの新馬も勝ってくれて、そのあと条件戦を使った後にスプリングステークスも勝ってくれて、順調に皐月賞に向かうことができて、今年は強い馬が何頭かいましたが、この馬なりに良く頑張ったなぁと思っています」

(ここまでの調整は?)
「夏前に秋の始動はセントライト記念と決めていましたので、それに合わせて1カ月前に帰厩させて、予定通りにきました」

(夏を越して、馬の成長は?)
「元々しっかりした馬で、馬体的には、最初から優れた馬でしたから、リフレッシュした後、精神的に少し大人になってきたかなという感じです。完成度の高い馬で、馬体重も多分変わらないで出走できると思います。休み明けも春先とそんなに変わらずに出走できると思います」

(良い意味で平行線?)
「そうですね。ただ若い馬なので、休み明けのレースも初めてなので、その点はどうかと思いますが、この馬なりには良い感じできています」

(今週の追い切りは、ウッドチップコースを3頭併せでした)
「前2頭を目標にして後ろから追い掛けて、ゴール前で仕掛けて先頭に立つという、レースをイメージしたような最終調整でした。無理はしていませんが2馬身ほど差をつけて、気分良くゴールを過ぎてくれたかなと思っています」

(追い切りは及第点?)
「休み明けで最初は少し重い感じはしていましたが、先週の併せ馬と、週末も強いところをやって、今週の最終追い切りとやって、良い感じになったなと思っています」

(中山コースは、相性の良いコースだと思いますが)
「中山はこの馬にとって何の問題もない、良いコースだと思います」

(本番は次になりますが)
「今週の競馬の結果とか、騎手との色々な相談でこの後のレースを決めていきたいなと思っています。今回は初めての休み明けのレースになるので、先に繋がる良い結果を出してくれればいいなと思っています」

(取材:木和田篤)