【ローズS】栗東レポート リリーピュアハート [News]
2020/09/16(水) 15:55
◎20日(日)中京競馬場で行われる第38回ローズステークス(GII)に出走予定のリリーピュアハート(牝3、藤原英)について追い切り後の福永祐一騎手のコメントは以下の通り。

・(春を振り返って)春の3戦の間では大きな変化はありません。線の細い馬ではありましたがレースへ行って良い走りをしてくれたのでオークスも期待していましたがスタートで大きく躓くアクシデントがあり流れにも乗れず不完全燃焼の形で終わっていました。しかし力のあるところは見せてくれました。

・(今朝の追い切りに跨っての印象)帰厩してから3度目の騎乗でしたが順調に負荷はかけられていましたし、今日は馬のリズム重視で気持ちよく走らせてあげました。非常に良い動きをしていましたし、ひと夏を越してこの馬もいい成長をみせています。(今回は)とても楽しみにしています。

・(中京競馬場芝2000mは)2000m以上がいい馬なので例年であれば阪神の1800mですが、1Fでも延びるのはプラスでありますし左回りは経験済みですし問題無いコースだと思います。

・(相手関係は)自分の中の期待値はGIタイトルを獲れる馬というレベルです。メンバーは強いですが、ここでいい勝負をできないようではという思いでもいます。

・(レースイメージは)スタートは躓かなければ速い馬なのでペースに合わせた位置取りが出来ると思います。遅くても速くても流れに合わせた競馬ができるのがこの馬の強みです。どんな形にせよ成長を遂げたあの馬がどんな走りをするのか楽しみでいます。潜在能力が高い馬です。夏を越して馬体がいい形になって帰ってきました。いい馬になっています。

・まだ条件馬の身なのでここはいい結果を出さないと次の舞台へ行けません。しかし能力を出し切ってくれればきっといい結果に繋がると思います。秋初戦、いい形で臨みたいと思います。

取材:檜川彰人