【2歳未勝利】(中山1R)リルブラーヴが好位から抜け出し初勝利 [News]
2020/09/13(日) 13:38
中山1Rの2歳未勝利(ダート1200m)は3番人気リルブラーヴ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒4(稍重)。1馬身半差の2着に4番人気バルネージュ、さらに2馬身差の3着に9番人気レゾンデートルが入った。

リルブラーヴは美浦・加藤征弘厩舎の2歳牡馬で、父サクラゼウス、母サクラフォンテーヌ(母の父ゼンノロブロイ)。通算成績は3戦1勝。

レース後のコメント
1着 リルブラーヴ(C.ルメール騎手)
「1200mで良い位置が取れました。息が入って、4コーナーから良い脚で伸びてくれました。1200mはピッタリです」

2着 バルネージュ(木幡巧也騎手)
「元々スタート出ないタイプの馬なので、今日は外枠で恵まれました。キックバックを浴びることなく力を出せました」

4着 トランザクト(武藤雅騎手)
「良い感じで先行できて、この流れで良いなと思ったのですが、止まってしまいました」

9着 ブリュンヒルデ(小林凌大騎手)
「今回は初ダート。1200mのペースとキックバックを嫌がってしまいました。ゲートは出るので、ペースに慣れて、馬が大人になってくれればと思います」