【アスター賞】(中山)人気のドゥラモンドが堂々と差し切る [News]
2020/09/12(土) 16:01
中山9Rのアスター賞(2歳1勝クラス・芝1600m)は1番人気ドゥラモンド(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分37秒1(稍重)。半馬身差の2着に2番人気イルーシヴパンサー、さらに2馬身差の3着に4番人気モメントグスタールが入った。

ドゥラモンドは美浦・手塚貴久厩舎の2歳牡馬で、父ドゥラメンテ、母シーズインクルーデッド(母の父Include)。通算成績は2戦2勝。

レース後のコメント
1着 ドゥラモンド(C.ルメール騎手)
「2戦目でテンションが上がっていて、スタートは遅くなりました。道中は後ろからじっくり行って、落ち着いていました。手応えも良く、良い脚でした。距離はこれくらいが良いと思います」

2着 イルーシヴパンサー(久保田貴士調教師)
「直線で待たされた分の差でしょうか。上手にレースができていて、良い内容でした。切れ味があって、改めて走ると感じました」

3着 モメントグスタール(大野拓弥騎手)
「初めて乗りましたが、フットワークの良い馬です。心身ともにまだ子供っぽいので、成長の余地があります」

4着 マルス(木幡巧也騎手)
「前走出て行かなかったので、今日は強気に出していったら、前半かかってしまいました。それでも直線で伸びているように、力があります。今日も折り合いをつけられていれば、際どいところまで行けていたと思います」