【メイクデビュー】(中京4R、5R)サトノルーチェ、ポールネイロンが新馬勝ち [News]
2020/09/12(土) 14:46
中京4Rのメイクデビュー中京(牝馬・芝1600m)は6番人気サトノルーチェ(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒5(稍重)。2馬身差の2着に2番人気スパークル、さらにハナ差の3着に3番人気ジェラルディーナが入った。

サトノルーチェは栗東・吉村圭司厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母シアードラマ(母の父Burning Roma)。

レース後のコメント
1着 サトノルーチェ(幸英明騎手)
「調教の時から良い感触でした。自分が乗った感覚通り、走る馬だと思います。先が楽しみになりました」

2着 スパークル(川田将雅騎手)
「ゲートを出ませんでしたが、その後はスムーズでした。直線もしっかりと動くことができました。徐々にレースを覚えていってくれれば、良いと思います」

5着 ハッピーオーサム(岩田望来騎手)
「馬がまだ競馬をわかっていないです。最後だけ脚を使ってくれました」

6着 プロテアヴィーナス(松若風馬騎手)
「レースはスムーズでした。(手綱を)持っているときは良かったのですが、追ってからはジリジリとした脚でした。体の線もまだ細いと思います」




中京5Rのメイクデビュー中京(芝1400m)は4番人気ポールネイロン(藤岡佑介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒5(良)。8馬身差の2着に8番人気マリオンエール、さらにクビ差の3着に2番人気エリカシャンスが入った。

ポールネイロンは栗東・矢作芳人厩舎の2歳牝馬で、父オルフェーヴル、母イングランドローズ(母の父Dansili)。

レース後のコメント
1着 ポールネイロン(藤岡佑介騎手)
「強かったです。調教からセンスの良い走りでした。乗り味の良い馬です。期待以上の内容でした。スピードを見せてくれました。今日は逃げる形でしたが、これからどのような競馬をしてくれるか、楽しみです」

2着 マリオンエール(幸英明騎手)
「しまいは良い脚を使ってくれましたが、勝ち馬は前で楽をしていましたからね。次は楽しみです」

3着 エリカシャンス(北村友一騎手)
「速いスピードに対応できていないところはありました。まだ初戦ですし、これからそういうところに対応しながら、力をつけていってくれたらと思います」